心の教育

画像1

目まぐるしく変化する世の中を生き抜いていくために、不変の本質を見極める人間力を高められる心の教育が本校の特色です。

宗教の時間

週1回、キリスト教の教えを通して自分の内面と向き合うことで、豊かな心の育成を目指します。

チャペルアワー

各学年でテーマをもち、年1回開催します。神父様のお話を通して神さまのメッセージを受けとめ、祈りの時間を過ごします。

マリア祭

聖母月ともいわれる5月に毎年行われます。生徒一人ひとりが持ち寄った花をマリア様に捧げます。マリア様の生き方やシスターのお話から自分の生き方について考えます。

ステラサンクタクリスマス

毎年12月に、アクトシティ浜松中ホールで行われます。イエス・キリストの降誕劇と吹奏楽部によるクリスマスコンサートを上演します。劇には、演劇部、ダンス部、合唱部、放送部が出演します。2回公演で行われ、昼公演は全校生徒で、クリスマスの本来の意味である愛と平和のメッセージを味わいながらイエスの誕生をお祝いします。夜公演は一般のお客様にもご来場いただいています。「ステラサンクタ」とは、ラテン語で「聖なる星」を意味します。浜松聖星高校からクリスマスメッセージをお届けします。

その他

物故者追悼式 / クリスマスツリーの下で / SYD講座(フィリピンの子ども支援活動の紹介) / ボランティア募金活動(年に数回)

海外支援講座

海外で支援活動を行っている団体の体験談を聞きます。世界情勢に関心を持つ と同時に、今自分が行動できることを考え動くことを目的としています。

スクールカウンセラーが、心身のケアにあたります。

心の相談室

カウンセラー/友野圭子先生

近年、友人、家族とのコミュニケーションの取り方や自己肯定感がなく悩む生徒が増えているように思います。心の相談室では、高校生活を送る上で直面する様々な心の問題について、一緒に解決方法を考えていくための支援を行っております。一人で悩みを抱え込むことがないように、少しでも 明るく、目の前の生徒が本来持って生まれた素敵な部分を探せる支援をしていきたいと考えております。
相談日は、毎月隔週の木曜日14時からですが、相談者の予定に合わせて、柔軟に対応をしております。生徒支援という目的のために保護者から の相談も受け付けております。