浜松聖星高等学校 浜松聖星高等学校

FEATURE

教育の特色

英語・国際教養教育

日常会話ができるレベルの会話力を身につけ、
世界に通用する人材へ
留学、海外・国内英語研修、GTEC等英語資格・検定試験への取り組みなどによって、実践的なプログラムで世界に通用する人材を育てていきます。
4技能の習得を目指す
さまざまな媒体を通してどこにいても瞬時に情報のやり取りが可能な時代になりました。英語は世界で通用する言語として全世界の約1/4の人が話すことができます。その場に応じた手段(文字・音声など)で物怖じせず英語という言語を操る力が必要不可欠になるため、4技能をバランスよく習得することを目指しています。
実践的なプログラムで
ワンランク上の英語力を身につける
浜松聖星高校では英語を実践的に学ぶためにさまざまな環境が整えられています。教室にいながら双方向的に世界とつながる事ができるオンライン英会話。米国のトップ大学との交流ができるエンパワーメントプログラム。実際に現地で英語を習得する留学など、躍動感ある生きた英語を学びます。

エンパワーメント・プログラム

  • 対象 : 国際特進コース1年生および希望者
  • 実施時期 : 夏休み5日間

高校時代は自分と深く向き合い、将来の進路や方向性を考え始める大切な時期です。このプログラムは、自分の才能や情熱を原動力に米国のトップ大学で学んでいる大学(院)生たちと、多岐にわたるプロジェクトや交流を通して自分の個性に目を向け「生き方」を考える良い機会となります。英語での表現力が鍛えられることは勿論ですが、さまざまな個性の外国人留学生たちと一週間共に語り合い、彼ら彼女らの世界観に触れることは刺激的であり、異文化に対する理解を深め人間的な成長を促してくれます。

エンパワーメント・プログラム

エンパワーメントプログラムの目的と目標

  • 自らの考えや意見を持ち、それを他人に理路整然と伝えることの難しさを実感し、その重要性を認識する。
  • 1つの事柄に対し、見方によりさまざまな解釈が存在することを体感する。
  • 自分の人生を自分で選択し、判断し、決断することの大切さを体感する。
  • 真の国際人とは何か、またグローバルに生きることの意味とは何かを考える。
  • 世の中で起きている多くのことが、何らかの形で自分と関わっているということに気付く。
  • 自分をとりまく環境や状況に影響されない自己判断と自己責任の大切さについて考える機会になる。

自ら発信する

英語は聞くだけでは話せるようにはなりません。自ら英語を発信することが大切です。コミュニケーション英語の授業では、司会も発表者も英語で話すプレゼンテーションを行っています。先生による講評や感想もクラスメイトからの質問も全て英語で行われます。また国際特進コースでは、毎日全員が英語で日記をつけ、クラス用の日誌も英語で書いたり、ホームルームが英語で進行されたりと、日常生活の中でも道具として英語が使用されています。

自ら発信する

受験にも役立つ語学系・国際系学習サポート

本校では語学系・国際系進学を目指す生徒が多くいます。早朝や放課後を利用し、一人一人に合ったきめ細やかな個別指導をしています。海外での生活経験があるスタッフによる英語の小論文・面接指導の実施も行っています。

高い英語検定取得率

国際特進コースではほとんどの生徒が2級を取得し卒業していきます。国際教養コースでも3級から始めて意欲的に上級に挑戦しています。近年では準1級・1級の取得を目指す生徒も増えてきました。英語科の教員が二次面接の指導を行います。

英語スピーチコンテストの実施

毎年校内でコンテストを実施しています。英語学習への関心を高めたり、表現力の向上や国際的な視野を広げることを目的としています。また、上位入賞者は「静岡県高等学校英語スピーチコンテスト」に出場します。

GTECを1・2年生で受験

CEFR (Common European Framework of Reference for languages: learning, teaching, assessment:外国語学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠)のB1・B2レベルを目指すため、GTEC(Global Test of English Communication)というスコア型英語4技能検定を1・2年全生徒が校内にて受験します。「読む」「聞く」「書く」「話す」をスコア型の絶対評価で測定されるので、2020年からの大学受験にも対応できます。

「グローバルイシュー研究部」を新設

グローバルイシュー研究部が2013年度より新たに創部されました。英字新聞やYouTube、本や雑誌などさまざまなメディアから情報を得て、世界で起きているいろいろな問題について学んでいます。社会的・国際的な問題に目を向け、意見を交換しながら考えを深めていくなかで、多角的に物事をとらえる力や伝える力を身につけていきます。

Global Issue研究部

留学制度[3年で卒業可能]

充実した留学制度があり、留学中の単位は本校の単位として認められるので3年間で卒業できます。世界への一歩を踏み出すことで、今までとは違う新たな視点や考えに出会える機会です。

留学
留学先 カナダ イギリス オーストラリア
期間 1年間 (2年次4月〜翌年3月) 6ヵ月 (2年次4月〜9月) 3ヵ月 (1年次1月中旬〜3月)
人数 8名 (各2名×4校) 2名 (各1名×2校) 6名 (各2名×3校)
学校 サスカトゥーン市内の高校4校 St.Bernard's High School 他1校 メルボルン郊外の私立高校3校
宿舎 ホームステイ
費用 約330万円 約175万円 約135万円
浜松聖星高校 校納金 留学中については、納付金のうち授業料のみ金額の2分の1を免除する

※コロナ禍においては生徒の安全を第一優先とし、留学期間、目的地の変更等状況に応じて対応します。
※2ヵ月に1度、本人が書いたレポートが送られ、生活の様子を知ることができます。また、現地カウンセラーによる定期的な面談で生活全般をサポートしています。

選抜方法について

入学時に留学を希望の場合
  • 出願時に
    「留学」を希望
  • 選抜
    方法
    • 各コースの筆記試験科目
    • 英語と日本語による面接
    • 保護者面接
  • 合格発表時に決定
入学後に留学を希望の場合
  • 各コースに在籍、
    「留学申込書」を提出
  • 選抜
    方法
    • 志望動機(800字以内)
    • 英語筆記試験
    • 英語と日本語による面接
  • 1年次5月に決定

多文化交流プロジェクト

異なる文化を持つ人々との交流を通じ、さまざまな文化を理解・尊重し、 その違いを超えて共生する心を育てることを目的としています。

多文化交流プロジェクト
多文化交流プロジェクトの
ページへ