海外留学制度

英語教育の伝統があるからこその留学プログラム。

みなさんは自分の将来の夢や目標について考えたことがありますか?
今、若者を取り巻く社会環境は厳しさを増しています。
この機会に私たちと「高校生活の先の未来」について 一緒に考えてみませんか?

米国コンコーディア大学との姉妹校提携

2011年10月19日、米国コンコーディア大学(カリフォルニア州)のクリーガー学長が来校し、同学長と北脇理事長、高橋校長の間で、姉妹校提携協定が更新されました。

【姉妹校提携協定の骨子】

◆ コンコーディア大学での夏期海外研修プログラムを提供する。
◆ 本校の生徒の、コンコーディア大学への入学を許可する。
◆ 本校の生徒は、コンコーディア大学の奨学金制度を利用できる。

画像

長・短期の海外留学制度

長期留学しても留年しません

留学中の単位を設定し、帰国後は第3学年に進級できます。みんなと一緒に卒業できます。

留学体験記

本校の留学制度を利用した生徒の体験記です。
卒業生・在校生ともに、帰国当時に取材した文章をそのまま掲載しています。

国際特進コース 3年 阿部桜之資(麁玉中出身)

 「カナダ」名前は知っているものの、その実情はあまり深く知らない方も多いのではないでしょうか。私も留学する前は、独立してからまだ年月が浅い国ということぐらいで、カナダもまだイギリス文化が残っている国なのかなと思っていました。しかし、実際にカナダの景色を見たとたん、それまで抱いていた英国やヨーロッパ大陸風なイメージは見事に払拭され、多民族国家の色合いが濃く感じられました。現在ではカナダは世界一の移民受け入れ国となっています。私が暮らしたサスカトゥーン市には本当に様々な言語が飛び交っていました。毎日乗っていたバスの乗客は国連総会を思い出させるほどでした。このような多文化が共生している国に一年間留学したことで、自分自身を一回りも二回りも成長させることができたと思っています。

国際特進コース 3年 阿部桜之資(麁玉中出身)

国際特進コース 3年 尾原未歩(三方原中出身)

 私は中学生のころから洋画鑑賞や洋楽を聞くことが趣味で、日々英語の勉強に努めてきました。聖星高校に入ってからは、実際に英語を活用して勉強する授業やプログラムが多く、一年次には短期アメリカ研修にも参加しました。

 二年次に渡英した際は、いろいろな人と出会って充実した留学生活を送ることができ、とても満足しています。ウィンザー城でのハリー王子とメーガン妃の結婚式を見に行ったことやテニスの女子決勝の日に足を運んだことなど期待していた以上に貴重な経験をすることができました。

 より多くの英語を学べるよう、普段の会話以外にも現地のテキストを解いたり、英語で日記をつけたりなどの工夫をしました。おかげで英語力が高まったと実感しています。苦労することもありましたが、多くの人のサポートがあったおかげで困難を乗り越えることができました。ぜひまたイギリスに行けたらと思います。

国際特進コース 3年 尾原未歩(三方原中出身)