多文化交流プロジェクト

目的

  • 本校の「国際教養教育」の一環として、異なる文化を持つ人々との交流を通じ、すべての 生徒の中に、異なる文化を理解・尊重し、その違いを超えて共生する心を育てる。
  • 外国にルーツを持つ生徒に対し、その国の文化を理解し、表現する機会を提供することにより、自分の文化的アイデンティティへの誇りと自信を深められるようにする。

概要

多文化交流プロジェクトとして、外国にルーツを持つ子どもの学習支援活動、スペイン語講座およびその他の多文化交流活動を行う。

学習支援活動

カトリック浜松教会に属する信徒の団体が行っている学習支援活動に生徒を派遣し、外国にルーツを持つ子どもたちの勉強の支援をする。

スペイン語講座

スペイン語は世界的に話者の多い大言語の一つであり、浜松に住む日系人の中にも母語 とする者が多い。また、スペイン語は、本校の設立母体であるスピノラ修道女会の本拠 地の言語でもある。こうしたことから、課外活動としてスペイン語講座を開講し、スペ イン語圏にルーツを持つ生徒の文化的アイデンティティ確立を支援するとともに、広く生徒の外国語学習に役立てる。